緊急・応急時用製品

緊急・応急時用製品

緊急時のライフラインとして最も重要なのが水源です。北川鉄工所製の緊急・応急時用製品は、効率よく給水を確保し、最大限に活用するための工夫とクォリティーの結晶です。

緊急時給水車用給水栓

給水車の効率を最大限に

緊急時に水を運ぶ給水タンク車は、どうしても搬送回数が限られてしまいます。その中で、最も給水車への給水効率を上げるために作られたのが、北川鉄工所の給水車用給水栓です。スピーディーに、確実に、給水車へ水の補充が可能となっています。

給水車
日本水道新聞(2014年3月10日)に掲載された記事

日本水道新聞(2014年3月10日)の掲載記事

水道産業新聞(2014年3月10日)に掲載された記事

水道産業新聞(2014年3月10日)の掲載記事

水道資機材総合事典vol.4 2017(2017年7月31日発行)より

水道資機材総合事典vol.4 2017
(2017年7月31日発行)より

緊急時 給水車用給水栓(給水塔)MOR-Ⅰ

緊急時 給水車用給水栓(給水塔)MOR-I

■壁などに当たらないよう、任意の回転範囲で固定が可能。
■仙台市水道局の要望を取り入れて共同開発しました。
■お客様のご要望に応じた柔軟な対応が可能ですので、お気軽にお問い合せ下さい。


日本水道新聞(2016年3月10日)に掲載された記事

日本水道新聞(2016年3月10日)
に掲載された記事

震災を契機に開発・改良された弊社の技術ノウハウ

東日本大震災において、仙台市では断水のため大規模な応急給水活動が展開されました。そこで課題となったのが、給水車への注水作業の非効率性でした。この教訓を踏まえ、仙台市水道局の要望を取り入れて、多積雪地帯地上式消火栓を改良して「緊急時給水車用給水栓」を共同開発しました。特徴は次の7点です。

MOR-Ⅰ
  1. 多積雪地帯地上式消火栓をはじめ既存の製品との共通部品を増やすことで、コストダウン、納期の短縮や修理時の迅速な部品供給体制を可能にしました。
  2. 給水口を2ヶ所設けることにより、給水時間の短縮や様々な給水車への対応を可能にしました。
  3. 支柱を無くすことで上部給水口を回転可動式にし、車道部分張出の課題を解消するとともにスムーズな給水を可能にしました。
  4. なお、壁などに当たらないよう、180°等任意の回転範囲での固定を可能にしました。
  5. ステンレス配管以外の内面は、水道管に使用される水道用エポキシ樹脂塗装を施し水質の安全に配慮しました。
  6. 地上部の塗装は、送電線や橋の欄干等に使われている耐食性に優れた金属表面処理の上に、耐候性、耐食性、撥水性、補修性に優れたフッ素樹脂塗装を施しました。
  7. 回転部の高さ、上部給水口の張出の長さ、塗装色の変更等要望に応じた柔軟な対応を可能にしました。

仙台市水道局と共同開発し標準仕様を作り上げ商品化したことで、東日本の水道事業体を始め兵庫県企業庁などにご採用いただき全国へ波及しつつあります。 また、その後、災害時の給水拠点として使用する緊急時給水栓(KWK)を共同開発しました。 これらの共同開発の経験を生かして青森市企業局と、有事等の際に地上式給水栓 や消火栓等に繋げて飲み水を供給する「応急給水栓(連結型)」を開発しました。 特徴は次のとおりです。

  1. 軽量化(約12Kg)や90度開閉式水栓を採用するなど使いやすさを重視しました。
  2. 分解しなくても折り畳むだけでコンパクトに収納可能で設置も容易な構造と なっています。
  3. いくつもの給水栓を連結することが可能となっており1ヵ所の給水源から多く の人に給水できます。
  4. 水栓の数を増やしたり寸法を変更するなど要望に応じた柔軟な対応が可能と なっています。
仙台市水道局 茂庭浄水場
給水車への給水

緊急時給水栓

災害時の水源確保に

緊急隊員

緊急時の断水は地域の方々に深刻な不安を招きます。なによりも早く水源を確保すること、そして良質の水を提供する事は、緊急時の大きな課題と言えます。

しかし水道設備が機能しなくなっても、各所に設置している消火栓から水を確保できれば、スピーディーで安定した水源の確保が可能となります。北川鉄工所の緊急・応急用製品は消火栓で培った技術を駆使しており、万一の際でも確実かつ迅速に水源の確保が可能となっております。

緊急時給水栓 仙台市仕様

緊急時給水栓 仙台市仕様

水道産業新聞(2015年9月3日) の掲載記事

水道産業新聞(2015年9月3日)
の掲載記事

■仙台市水道局の要望を取り入れて共同開発しました。
■お客様のご要望に応じた柔軟な対応が可能ですので、お気軽にお問い合せ下さい。

仙台の水道「H2O」(2014年11月号)の掲載記事

仙台の水道「H2O」
(2014年11月号)
の掲載記事

水道資機材総合事典vol.4 2017(2017年7月31日発行)より

水道資機材総合事典vol.4 2017
(2017年7月31日発行)より

応急給水栓

スピーディーで安定した水の供給に

給水イメージ 確保した水源を効率よく提供供するためには、給水栓の機能をフルに発揮する必要があります。さまざまな用途を考慮して開発された北川鉄工所の応急用給水栓は、他では類を見ない機能や工夫が折り込まれ、緊急時の水の補給に最大限のパフォーマンスを発揮します。

設置場所やシチュエーションに応じて各ラインアップをご検討下さい。

日本水道新聞(2016年12月8日)に掲載された記事

日本水道新聞(2016年12月8日)
に掲載された記事

水道資機材総合事典vol.4 2017(2017年7月31日発行)より

水道資機材総合事典vol.4 2017
(2017年7月31日発行)より

使用例

弊社の製品・メンテナンス等についてのご相談はTEL.0749-22-2932 まで、ご遠慮なくお問い合わせください!

お問い合わせ お気軽にご相談ください。